てんかんは発作を繰り返す病気ですが、子どもでも大人でも発症する可能性があります。治療方法は薬の服用が一般的でその中でも今回はラミクタールを紹介していきます。

ラミクタールとプレドニンと責任について

笑っている女の人

てんかんは、さまざまな原因によって発症する慢性の脳疾患です。
脳のニューロンが過剰に発射されることにより、てんかんの発作が起こります。
脳の神経細胞は、規則正しく調和して、電気的な活動を行っています。
しかし、活動のリズムが乱れると、ニューロンの過剰発射が生じて発作が起きるのです。

てんかんには、原因不明の突発性てんかんと、脳の傷や障害が原因で起こる症候性てんかんがあります。
発症する年齢は、乳幼児から高齢者まで幅広く、約8割が18歳以前に発病します。
てんかんは、遺伝することがほとんどないです。

てんかんの発作は、全般発作と部分発作に分けることができます。
全般発作は、意識が最初からなくなります。
部分発作は、脳のある部分から始まります。

てんかんは、薬物治療で治すことが多いです。
適切な薬を服用すれば、症状をコントロールして普通の生活を送ることが可能です。
ラミクタールは、てんかんの発作を予防する薬です。
ラミクタールは、脳神経の興奮を抑えて、発作を防ぎます。

効果を高めるために、他の抗てんかん薬と併用することもできます。
ラミクタールは、双極性障害の治療にも使われています。
ラミクタールを服用する場合、アレルギーや持病がある人は、医師に相談してから服用する必要があります。

また、無責任に使用量を変えたりせず、決められた使用量を守って服用することが大事です。
プレドニンは、ステロイド薬で、アレルギーや炎症を抑えます。
免疫系の病気やアレルギー性の病気などに広く使われています。
抗けいれん薬の中には、プレドニンの効果を弱めるものもあるので、飲み合わせに注意が必要です。
プレドニンは、症状によって使用量と使用方法が異なります。