てんかんは発作を繰り返す病気ですが、子どもでも大人でも発症する可能性があります。治療方法は薬の服用が一般的でその中でも今回はラミクタールを紹介していきます。

脳炎が原因の後頭葉のてんかん治療にラミクタール

ラミクタールはてんかんを治療する目的で処方される代表的な医薬品です。
ところが、ラミクタールには双極性の気分障害にも処方され、幅広い用途がある薬であることが特徴です。
てんかんの原因は様々ですが、先天性の症状や脳炎等が影響する症例が多くあります。

これら脳への影響がてんかんに伴う発作的な症状を引き起こすのです。
この医薬品は脳内で興奮を司る神経伝達物質に働きかけ過剰な活動を抑えることができる薬です。
その結果、てんかに伴う身体の震えの症状を治め、突発的な発作の症状を上手く制御する事が可能とされています。

また、ラミクタールは双極性の気分障害にも有効であることが確認されており、躁状態の再発を食い止める効果があるために心療内科等でも活用されている医薬品です。

ラミクタールはてんかんの全般的な発作に有効であると考えられており、患者数の多い側頭葉のてんかんに加えて後頭葉の機能が問題とされる症状にも有効な薬です。
一般的に、てんかんの薬物療法は治療効果を上げる事が難しく、ラミクタールを使用する治療でも薬剤の有効成分の血中濃度を安定させる事が必要とされます。
しかし、この薬は他の医薬品と比較して側頭葉だけに効果を発揮するものではなく、後頭葉等の脳全般の領域に対して有効性が認められているために幅広く処方されているのです。

また、ラミクタールは双極性障害の患者にも処方されていますが、突発的な興奮を制御する効果は低い事が確認されています。
そのため、ラミクタール以外の医薬品との併用が基本とされ、双極性の気分障害の対処法の一つとして用いられているのが現状です。
てんかんには発作だけではなく性格が攻撃的になる等の症状も見られるので、過剰な興奮を抑える上でもラミクタールは有効な医薬品です。